お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

左上第一大臼歯部分にインプラントを埋入しました。2016.10.08

 

2016.10.08 CT2_R22-thumb-400x381-42051.jpg

左上第一大臼歯部分の中間欠損にインプラント治療を行います。

歯と歯の間である中間欠損のケースこそインプラントの稙立方向が重要です。

 

IMG_4998_R22-thumb-400x266-42054.jpg

いつものようにフェイスボウトランスファーを行い、咬合器に模型をマウントする準備をします。

 

IMG_5936_R22-thumb-400x266-42057.jpg

咬合器にマウントしました。

 

IMG_5940_R22-thumb-400x266-42060.jpg

埋入ポイントにシミュレーションします。

 

IMG_5942_R22-thumb-400x266-42063.jpg

ドリルガイドであるサージカルステントを作成してオペに臨みます。

 

IMG_6006_R22-thumb-400x266-42066.jpg

いよいよ本日オペに臨みます。

まずはサージカルステントの適合を確認します。

 

IMG_6009_R22-thumb-400x266-42069.jpg

麻酔後に安全な領域までサージカルステントを利用してドリリングし

深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影します。

 

2016.10.08_R22-thumb-400x306-42072.jpg

撮影したレントゲン写真です。

シミュレーション通りの方向ですので、ここからドリルステップを進めます。

 

IMG_6011_R22-thumb-400x269-42075.jpg

深度ゲージを抜いた状態です。

ここからは粘膜を剥離して実際の骨の状態を確認してドリリングを進めます。

 

IMG_6012_R22-thumb-400x285-42078.jpg

粘膜を剥離しました。

幅・骨質ともとても良好な状態です。

 

IMG_6014_R22-thumb-400x261-42081.jpg

ドリルの段階を進め、最終ドリル径までのドリリングを終えました。

ソケットリフトを併用してクレスタルアプローチによる上顎洞底の拳上をわずかに行っています。

 

IMG_6017_R22-thumb-400x266-42084.jpg

インプラントはスイスのストローマンインプラントを用います。

 

IMG_6018_R22-thumb-400x266-42087.jpg

ボーンレベルテーパードインプラント Roxolid SLActive φ4.8 長さ10㎜ です。

 

IMG_6029_R22-thumb-400x266-42090.jpg

正回転と逆回転を利用したアダプテーションテクニックによって

良好な初期固定が得られました。

 

IMG_6032_R22-thumb-400x283-42093.jpg

封鎖スクリューを締結して、インプラントフィクスチャーのスクリューホールを保護します。

 

IMG_6034_R22-thumb-400x274-42096.jpg

縫合を終えました。

1週間から10日後に抜糸します。

 

2016.10.08 2_R22-thumb-400x306-42099.jpg

オペ終了時のレントゲン写真です。

安堵する瞬間です。

 

K・Mさん、インプラントオペお疲れ様でした。

「途中寝そうになっていました。」

とてもありがたいお言葉です。

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop