お問い合わせはこちらから

     

右下第一大臼歯のインプラントにアバットメントと仮歯をセットしました。2020.04.04

インプラント埋入から約3か月が経過した状態です。埋入オペ時の記事はこちらです。「右下第一大臼歯部分にインプラントを埋入しました。2019.11.15」 封鎖スクリューをヒーリングキャップに交換し、歯肉貫通部分を形成するための2次オペを行います...

>続きはこちら

     

右下臼歯部に2本のインプラントを埋入しました。2020.02.21

右下臼歯部に2本のインプラント治療を行います。抜歯後の名残で骨欠損が存在しています。 いつものようにフェイスボウトランスファーを行い、下顎頭と上顎歯列の位置関係を記録します。 フェイスボウトランスファーで記録した下顎頭と上顎歯列の...

>続きはこちら

     

嘔吐反射の強い患者さんのインプラントオペを行いました。2020.02.10

インプラント治療を含む歯科治療全般は、嘔吐反射の強い患者さんにとっては大変つらいものです。※嘔吐反射とは、口腔内に器具や指が入った際に嘔吐反応が出る反射のことです。 F・Mさんは嘔吐反射の強い患者さんですが、インプラント治療をご決断です...

>続きはこちら

     

右下第一大臼歯部分にインプラントを埋入しました。2019.12.21

右下第一大臼歯部分にインプラントの埋入を計画します。  いつものようにフェイスボウトランスファーを行い、上顎歯列と顎関節頭の位置関係を記録します。  咬合器に上下歯列模型をマウントして、蝶番運動の再現を可能にします。  上下の咬...

>続きはこちら

     

骨量の少ない右下小臼歯部分にインプラントを埋入しました。骨増生GBR 2019.12.21

右下第一小臼歯部分にインプラントの埋入を計画します。歯科用CTの4分割画像の左下、頬舌断面において頬側の骨量が少ないことが判ります。この状態であれば、インプラントの埋入と同時に骨増生処置(GBR)を行うことが可能ですのでインプラント埋入オペの...

>続きはこちら

     

左下第二小臼歯部分にインプラントを埋入しました。2019.11.16

オフィス内の歯科用CTを用いて骨の立体画像を得て、インプラントの埋入を計画します。オレンジの色の円柱をインプラントと見立てて、左下第二小臼歯部分に埋入する計画です。奥側の第一大臼歯と第二大臼歯部分には、過去にインプラント治療を行っています...

>続きはこちら

     

右下第一大臼歯部分にインプラントを埋入しました。2019.11.15

右下第一大臼歯部分にインプラントの埋入を計画します。 上下顎の歯列を型取りし、いつものようにフェイスボウトランスファーを行います。 フェイスボウトランスファーの記録を使用して咬合器に上下歯列模型をマウントしました。 模型上で...

>続きはこちら

     

右下第二大臼歯部分にインプラントをフラップレス埋入しました。2019.10.23

右下第二大臼歯部分にインプラントの埋入計画を立てます。オフィス内の歯科用CTによる立体画像です。いつものフェイスボウトランスファーを行い、顎関節と上顎歯列の位置関係を記録します。フェイスボウトランスファーの記録をもとに咬合器に上下歯列模型...

>続きはこちら

     

左下臼歯部に抜歯即時インプラント埋入オペを行いました。2019.08.23

左下大臼歯部分に2本のインプラントの埋入計画を立てます。歯科用CTによるシミュレーションです。 いつものように模型上でシミュレーションしてドリルガイド(サージカルステント)を製作します。 いよいよインプラント埋入オペに臨みます。ドリ...

>続きはこちら

     

左上奥歯部分にインプラントをフラップレス埋入しました。切らないオペ 2019.08.21

オフィス内の歯科用CTにて右上第二大臼歯部分へのインプラント埋入をシミュレーションします。 上下歯列模型をフェイスボウトランスファーを用いて咬合器にマウントしました。 CTデータと重ね合わせて埋入ポジションを決定します。  ドリル...

>続きはこちら

     

右下奥歯部分にインプラントを2本埋入しました。2019.07.15

右下奥歯(大臼歯)部分に2本のインプラントの埋入計画を立てます。 模型上でシミュレーションしドリルガイド(サージカルステント)を製作します。 いよいよ本日オペに臨みます。まずはガイドの適合確認です。 修正が可能な深度でドリリン...

>続きはこちら

     

右上前歯部分にインプラントを埋入しました。2019.05.08

右上中切歯部分にインプラントの埋入計画を立てます。まずはオフィス内の歯科用CTで撮影し、インプラントのポジショニングのシミュレーションします。  上下の歯列模型を採得し、フェイスボウトランスファーを行い顎関節と上顎歯列の位置関係を記録...

>続きはこちら

     

骨欠損部分にβ-TCPとエムドゲインを用いた骨増生手術(GBR)を行いました。2019.04.18

右下大臼歯部分にかつてインプラントが植立されていた部分が抜け落ち、その部分の骨欠損は残ったまま肉芽(にくげ)組織で満たされています。このままでは新たなインプラント治療を行うことが出来ないため、肉芽組織を外科的に除去して骨増生処置(GBR)を...

>続きはこちら

     

左上下大臼歯部分に4本のインプラント埋入オペを行いました。2019.04.12

 左上下大臼歯部分に合計4本のインプラント埋入オペを計画します。オフィス内の歯科用CTで撮影しシミュレーションします。 上下歯列の型取りとフェイスボウトランスファーを行います。 上下歯列模型をフェイスボウトランスファーの記録を用いて...

>続きはこちら

     

右上第一大臼歯部分にソケットリフトを行いインプラントを埋入しました。2019.03.29

東広島市西条町からお越しのS・Mさんの右上第一大臼歯部分にインプラントの埋入を計画します。過去にサイナスリフトを行っている部分です。 いつものように上下顎の歯列を印象採得(型取り)し、フェイスボウトランスファーを行い上顎歯列と顎関節の...

>続きはこちら

pagetop