お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

右下第一大臼歯部分にインプラントを埋入しました。2019.12.21

右下第一大臼歯部分にインプラントの埋入を計画します。

 

いつものようにフェイスボウトランスファーを行い、上顎歯列と顎関節頭の位置関係を記録します。

 

咬合器に上下歯列模型をマウントして、蝶番運動の再現を可能にします。

 

上下の咬合状態です。

 

歯科用CTでのシミュレーションと重ね合わせてインプラントの埋入位置・角度のイメージを作り、サージカルステントを作成します。

 

まずは表面麻酔と浸潤麻酔を行い、痺れたところでサージカルガイドを用いてドリリングします。

 

φ2.2mmのパイロットドリルでドリリングし、深度ゲージを挿入します。

 

深度ゲージを挿入したままデンタルレントゲン写真を撮影します。

 

撮影したデンタルレントゲン写真です。

予定通りですので、ドリルのステップを進めていきます。

 

 

最終ドリルのサイズまでドリリングを終えました。

 

念のため、粘膜を剥離して歯槽頂を確認します。

 

スイスのストローマンインプラントを用います。

 

BLT Roxolid SLActive 🄬 φ4.8㎜ 長さ 10㎜

 

トルクレンチで埋入トルクを確認します。 

 

インプラントの埋入を終えました。

 

挿入ジグを外した状態です。

 

ヒーリングキャップを用意します。

埋入トルクが十分であり、なおかつ粘膜の形態も問題ないため、ヒーリングキャップを装着し

歯肉貫通部分を持つ一回法での治癒を期待します。

 

垂直マットレス縫合を行いオペの終了です。

 

念のため、吸収性の縫合糸で縫合していますが、糸が長く残るようでしたら10日~14日程度で抜糸します。

 

インプラント埋入オペ終了時のデンタルレントゲン写真です。

 

K・Mさん、オペお疲れさまでした。

骨のコンディションはとてもよく安心いたしました。

  

※インプラント診断 10,000円+税/1ケース

インプラント埋入から完成(ジルコニアカスタムアバットメント+セラミッククラウン)まで35万円+税 /本 (奥歯の標準難易度の場合)

その他、キャップ交換、スキャニングなど合計約10,000円程度の諸費用が掛かります。

よって完成まで実際には約40万円/本かかります。(難易度によって異なります)  

※インプラント治療は外科処置につき、必ずしも成功するとは限らず、血管や神経の損傷や細菌感染などが起こるリスクがあります。                

 

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop