お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

インプラント除去オペをしました。リカバリー・再治療 その1

※外科処置の写真が含まれますのでご注意ください。

弊オフィスではいかなるインプラントに関しても対処をしています。

 

IMG_9393R077-thumb-400x266-20556.jpg

治療後の年数が短いインプラントだそうですが

インプラントが透けて見えてきているのと審美的な問題で

インプラントの除去をご決断です。

 

2013.11.02R077-thumb-200x262-20559.jpg

レントゲン写真です。

かなりの角度傾斜で埋入されています。

 

IMG_9400R077-thumb-400x266-20562.jpg

歯冠部分にはメタルボンドがセットされていますので

除去時にはラバーダムをして金属切削片から粘膜を守ります。

 

IMG_9401R077-thumb-400x266-20565.jpg

まずはポーセレン部分を切削しました。

メタルフレームの位置を把握します。

 

IMG_9402R077-thumb-400x266-20568.jpg

メタルフレームにも切れ目を入れました。

 

IMG_9404R077-thumb-400x266-20571.jpg

無事にメタルボンドを除去できました。

アングルアバットメント(角度付き中継ぎ部品)がセットされています。

 

IMG_9410R077-thumb-400x266-20574.jpg

スクリューホールを露出させスクリューの形態を確認します。

ヘキサゴン形状です。

 

IMG_9412R077-thumb-400x266-20577.jpg

スプラインインプラント用のドライバーが適合しました。

スプライン用もリカバリーのためだけに用意しています。

 

IMG_94313R077-thumb-400x266-20583.jpg

ストローマンインプラントのレンチで回します。

 

IMG_9417R077-thumb-400x266-20586.jpg

無事スクリューが取り出せました。

 

IMG_9418R077-thumb-400x266-20589.jpg

アングルアバットメントも除去できました。

 

IMG_9420R077-thumb-400x266-20592.jpg

このような構造になっていました。

 

その2に続きます。

インプラント除去オペをしました。リカバリー・再治療 その2

 

もしよろしければ

人気ブログランキングに投票する をクリックお願いいたします。

 

三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop