お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

左下にセラミックインプラントを埋入しました。2016.08.05

 

2016.08.05 CT_R22-thumb-400x384-41059.jpg

左下第二小臼歯部分にインプラントの埋入計画をCTシミュレーションします。

 

IMG_2074_R22-thumb-400x266-41062.jpg

いつものように型取りとフェイスボウトランスファーを行います。

 

IMG_3196_R22-thumb-400x266-41065.jpg

KaVo製の咬合器に上下歯列模型をマウントしました。

 

IMG_3200_R22-thumb-400x266-41068.jpg

 

IMG_3202_R22-thumb-400x266-41071.jpg

埋入方向をCTと重ね合わせながら決めていきます。

 

IMG_3203_R22-thumb-400x266-41074.jpg

サージカルステント(ドリルガイド)を製作して事前の準備は完了です。

 

IMG_3321_R22-thumb-400x267-41077.jpg

いよいよ本日オペに臨みます。

 

IMG_3323_R22-thumb-400x266-41080.jpg

安全な領域までのドリリングの段階で深度ゲージを挿入してレントゲンで確認します。

 

CI2_R22-thumb-400x307-41083.jpg

予定通りの角度にドリリングできていますのでドリルステップを進めます。

 

IMG_3328_R22-thumb-400x266-41086.jpg

 

IMG_3330_R22-thumb-400x266-41089.jpg

粘膜を剥離して実際の骨の状態を確認してドリリングを進めます。

 

IMG_3331_R22-thumb-400x266-41092.jpg

ドリリングを終えました。深度ゲージで深さを確認しています。

 

IMG_3337_R22-thumb-400x266-41095.jpg

本日はご相談の上、セラミックインプラント(ジルコニアインプラント)をご選択です。

 

IMG_3339_R22-thumb-400x266-41098.jpg

スイス ストローマン社 ピュアセラミックインプラント

 

IMG_3340_R22-thumb-400x266-41101.jpg

挿入ジグを用いて無事に埋入を終えました。

 

IMG_3347_R22-thumb-400x266-41104.jpg

セラミックインプラントはワンピースタイプ(アバットメントまで一体となっている)であるため

埋入位置はアバットメントが別パーツであるボーンレベルインプラントと比べ

埋入位置の正確性が大変重要になってきます。

 

IMG_3350_R22-thumb-400x266-41107.jpg

縫合を終えました。

 

IMG_3353_R22-thumb-400x266-41110.jpg

およそ一週間後に糸をとります。

 

2016.08.05 02_R22-thumb-400x321-41113.jpg

オペ終了時のレントゲン写真です。

セラミックインプラントの利点としてはアレルギーの可能性がほぼ無いため

チタンよりもさらに生体への親和性が優れていると思いますが

ワンピースであることによってアバットメントでの調整幅が無いことと、

まだ太い直径のタイプが存在しないためケースを慎重に考えることが必要です。

「オペの途中でも寝れるなぁと思いました。想像より楽でした。」M・Yさん、

東広島市西条町からのお越しに恐縮します。

痛くなくてなによりでした。

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

インプラント治療を行う広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop