お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

左上第二大臼歯部分にインプラントをフラップレス埋入しました。2017.06.21

本日はW・Hさんの左上第二大臼歯部分(グリーン)にインプラントオペを行います。

 

いつものようにサージカルステントを用意します。

この部分は抜歯後充分な時間が経過しており、かつ歯槽骨の状態も平坦に近いため

粘膜を剥離せず(フラップを開けず)インプラントを埋入するフラップレスオペを行います。

術後の痛みが少なく、粘膜を開かないため出血も少な く縫合も不要で抜糸も当然不要です。

 

サージカルステントの適合を確認してオペ開始です。

 

まずは安全な深度でパイロットドリルでドリリングします。

 

深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影します。

手前の歯も順次治療します。

 

角度を確認しステップを進めます。

この部分はソケットリフトを行い、上顎洞底をクレスタルアプローチで拳上します。

 

オステオトームでソケットリフトを行い、インプラントを埋入する準備が出来ました。

 

インプラントはいつものようにスイスのストローマンインプラントを用います。

 

歯肉粘膜の厚みを測定して、骨の上面とインプラントフィクスチャーの上縁が一致するように埋入します。

 

青い挿入ジグを外し、封鎖スクリューでジョイント部分を保護してインプラントオペ終了です。

仮に途中で予期せぬ事態になった場合は即座に粘膜を剥離して対応をします。

 

オペ後のレントゲン写真です。

埋入深度が適切であることを確認します。

 

全てのケースをフラップレスで行うことはできませんが

痛みや出血が少なくメリットの大きい方法であることは確かです。

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

 

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop