お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

右上小臼歯の部分にインプラントをフラップレス埋入しました。2017.09.30

右上第一小臼歯の部分にインプラントを埋入するCTシミュレーションを行います。

 

咬合器へ上下歯列模型をマウントするためフェイスボウトランスファーを行います。

 

咬合器にマウントしました。

 

欠損歯の遠心側の第一大臼歯には通常時は仮歯をセットしています。

 

ドリルガイド(サージカルステント)を製作して事前の準備完了です。

 

いよいよ実際のインプラントオペに臨みます。

 

ステントの適合を確認し、スリーブからドリリングします。

 

安全な領域までのドリリングにまずは留め深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影します。

第一大臼歯には最終的にかぶせ物をセットしますのでその形態を考慮して埋入位置を決めます。

つまり、中央よりも近心側に埋入ポジションを設定します。

 

頬側面観です。

 

撮影したレントゲンです。

 

ここからはオステオトームを用いてソケットリフトを行い、上顎洞粘膜を拳上してインプラント埋入窩の完成です。

 

インプラントはスイスのストローマン社製です。

BLT Roxolid φ3.3㎜ 8㎜

 

モーター埋入します。

 

インプラントの埋入を終えました。

このケースにおいても歯槽骨の形態が良好であったため、粘膜剥離を行わないフラップレスオペを行っています。

 

インプラント挿入ジグを外しました。

 

封鎖スクリューでインプラントフィクスチャーのスクリューホールを保護します。

 

封鎖スクリューで封鎖して完了です。

 

オペ終了時のレントゲン写真です。

上顎洞底がテントのように持ち上げられていることが判ります。

 

I・Kさん、インプラントオペお疲れ様でした。

治癒期間の間に出来る治療を進めていきましょう!

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

 

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop