お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

右上前歯部分にインプラントを埋入しました。2019.05.08

右上中切歯部分にインプラントの埋入計画を立てます。

まずはオフィス内の歯科用CTで撮影し、インプラントのポジショニングのシミュレーションします。

 

上下の歯列模型を採得し、フェイスボウトランスファーを行い顎関節と上顎歯列の位置関係を記録します。

 

上下歯列模型をKaVoプロターevo7咬合器にマウントしました。

   

実際のお口の状態です。

もともと前歯は正中離開していました。

歯科矯正治療を治療の選択肢に加えることも検討されます。

ご相談の上、元の状態に戻すことを目標として設定しました。

 

表面麻酔と浸潤麻酔を行い、粘膜を剥離します。

今回のケースでは粘膜剥離を最小限にしています。

 

いつものように細いパイロットドリルでドリリングし、深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影します。

 

撮影したレントゲン写真です。

想定通りの位置ですのでドリリングを進めます。

 

ドリリングを終えました。

 

インプラントはいつものようにスイスのストローマン社のインプラントを用います。

 

BLT Roxolid SLActive φ4.1㎜ 長さ10㎜

 

前歯のインプラント治療ではしばしば唇側の骨が足りない状態になってしまいます。

今回のケースでもインプラントフィクスチャーが少し見えていますので

その部分には自家骨と骨移植材を用いて骨増生処置を行います。

(GBRを併用した上顎前歯インプラント埋入オペ)

 

また、前歯のインプラント治療の場合は埋入深度が重要な要素です。

適切な埋入深度となるように確認を行います。

 

インプラントの埋入を終えましたら、インプラント周囲の骨をカウンターシンク用のドリルで整え、

ドリリング時の骨切削片と骨移植材をインプラントの周りに置いてGBRを行います。

骨移植材は吸収を見越して少し多めに適用します。(オーバーコレクション)

  

 

骨移植材に軟組織が侵入しないようにコラーゲンシートでカバーします。

 

骨膜減張切開を加えてテンションを減らし、吸収性の縫合糸で縫合しました。

 

インプラント埋入オペ終了時のレントゲン写真です。

 

M・Tさん、よくぞ乗り越えられました!

完成後の前歯が長持ちすることを祈っています。

 

※2019.09.12 追記

ジルコニアカスタムアバットメントと仮歯をセットした際のレントゲン写真です。

前歯のジルコニアカスタムアバットメントのレントゲン写真

広島市の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

※弊オフィスでは私が受けたい治療のみを実践するため、保険診療は行っておりません。

 

※インプラント診断 10,000円+税/1ケース

インプラント埋入から完成(ジルコニアカスタムアバットメント+セラミッククラウン)まで40万円+税 /本 (前歯の標準難易度の場合)

その他、キャップ交換、スキャニングなど合計約10,000円程度の諸費用が掛かります。

よって完成まで実際には約46万円/本かかります。(難易度によって異なります)  

インプラント治療は外科処置につき、必ずしも成功するとは限らず、血管や神経の損傷や細菌感染などが起こるリスクがあります。

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop