お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

4本のインプラントを右上臼歯部に埋入しました。2015.11.01

本日は日曜日ですが午前中にM・Tさんのインプラントオペを行います。

インプラントオペに関しては事前のご相談により休日にも対応しています。

 

2015.11.01オペ用_R89-thumb-400x386-36236.jpg

いつものように事前にオフィス内のCTで撮影してシミュレーションします。

この段階が最も大切ともいえます。

 

IMG_9289_R89-thumb-400x266-36239.jpg

フェイスボウトランスファーを行い上顎歯列と顎関節の関係を記録します。

 

IMG_9750_R89-thumb-400x266-36242.jpg

顎運動を再現する咬合器に歯列の模型をマウントします。

 

IMG_9753_R89-thumb-400x266-36245.jpg

CTデータと重ね合わせて模型上でシミュレーションしました。

 

IMG_9759_R89-thumb-400x266-36248.jpg

サージカルステント(オペ用ドリルガイド)を作成して準備完了です。

ステントを製作することでイメージが固まり、オペ時の角度の把握に役立ちます。

そうしていても実際のオペ時には現物あわせが必要になりますので、オペ時の負担をステントが減らしてくれます。

 

 

いよいよ本日オペに臨みます。

 

IMG_9768_R89-thumb-400x270-36251.jpg

 

IMG_9770_R89-thumb-400x300-36254.jpg

サージカルステントの適合を確認しました。

 

IMG_9772_R89-thumb-400x260-36257.jpg

スターティングポイント(起始点)のマーキングを終えました。

 

IMG_9775_R89-thumb-400x286-36260.jpg

最も手前部分のみパイロットドリルで安全な深度までドリリングして深度ゲージを挿入しレントゲン撮影します。

 

2015.11.01 01_R89-thumb-300x391-36263.jpg

手前の犬歯との関係を確認できましたのでドリリングを進めていきます。

 

IMG_9779_R89-thumb-400x229-36267.jpg

粘膜を剥離してドリリングを進めます。画像右側から2番目のポイントの頬側骨にディフェクト(骨欠損)が見受けられます。

抜歯時の掻爬が不十分であると軟組織が残り骨としての治癒が得られにくくなりますので

抜いただけの抜歯ではいけません。

 

IMG_9788_R89-thumb-400x266-36270.jpg

ドリリングを進め、まずは手前2本にインプラントを埋入します。

スイスのストローマン社 BLT(ボーンレベルテーパード)インプラント Φ4.1mm 長さ10mm

 

IMG_9792_R89-thumb-400x251-36273.jpg

無事に埋入を終えました。

続いて奥側2本に進みます。

 

IMG_9800_R89-thumb-400x290-36276.jpg

オステオトームで上顎洞底を挙上して、ソケットリフトを行います。

基本的にインプラントが出来ないケースはありません。

 

IMG_9798_R89-thumb-400x266-36282.jpg

奥側2本にはΦ4.8mm 長さ8mmを埋入します。(同じくBLTインプラント)

 

IMG_9802_R89-thumb-400x269-36279.jpg

無事に4本のインプラントの埋入を終えました。

 

IMG_9810_R89-thumb-400x294-36285.jpg

埋入用のLoxim挿入ジグを外しました。

ここからは骨欠損部分への骨増生処置(GBR)を行います。

 

IMG_9815_R89-thumb-400x266-36288.jpg

周囲から採取した自家骨をインプラント表面に置いたあと、骨移植材を填入します。

 

IMG_9817_R89-thumb-400x274-36291.jpg

吸収性コラーゲンメンブレンで上皮の侵入を防ぎます。

 

IMG_9820_R89-thumb-400x267-36294.jpg

ヒーリングキャップと縫合糸で閉創しました。

GBR部分のインプラントには封鎖スクリューをしています。

 

2015.11.01 02_R89-thumb-300x391-36297.jpg

 

2015.11.01 031_R89-thumb-400x307-36303.jpg

オペ終了時のレントゲン写真です。2枚に分けて撮影しています。

 

M・Tさんは奇跡的な偶然で妻の小学校1年生時の担任の先生でいらっしゃいます。

全く知らずにお越しになって本日に到ります。

本日のオペ終了後に妻は31年ぶりに再会を果たしました。

M・T先生は鮮明に当時のことを覚えておられました。

ご縁を感じずに居れません。

 

M・T先生、4本のオペお疲れさまでした。

これから咬める日がとても楽しみです。

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

後悔しないインプラント治療であるために。

JR広島駅徒歩7分 自由診療専門の歯科 三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop