お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

左下大臼歯部分に2本のインプラントを埋入しました。2016.03.26

 

2016.03.26 CT_R21-thumb-400x387-38797.jpg

左下大臼歯2本の部分に2本のインプラントを埋入します。

事前にオフィス内の歯科用CTで撮影し、インプラント埋入シミュレーションします。

 

IMG_7205_R21-thumb-400x266-38800.jpg

いつものように上下歯列の型取りとフェイスボウトランスファーを行います。

 

IMG_7547_R21-thumb-400x266-38803.jpg

KaVoプロターevo7咬合器にマウントしました。

 

IMG_7549_R21-thumb-400x266-38806.jpg

 

IMG_7551_R21-thumb-400x266-38809.jpg

模型上でシミュレーションし、サージカルステント(ドリルガイド)を製作します。

 

IMG_7617_R21-thumb-400x260-38812.jpg

ここからいよいよ本日のオペ開始です。

まずはサージカルステントの適合を確認します。

 

IMG_7621_R21-thumb-400x280-38815.jpg

サージカルステントを利用してパイロットドリルでドリリングし、深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影します。

歯肉が黒く変色している部分は、過去の治療時に金属切削片が迷入しているメタルタトゥーですので

粘膜剥離時に切除します。

 

2016.03.26 02_R21-thumb-400x321-38818.jpg

撮影したレントゲン写真です。

この位置でドリルステップを進めていきます。

 

IMG_7624_R21-thumb-400x270-38821.jpg

ここからは粘膜を剥離して実際の骨を確認しながら進めます。

最終的には実際の骨に合わせる職人仕事と言えます。

 

IMG_7651_R21-thumb-400x284-38848.jpg

切除したメタルタトゥー(金属刺青)です。

 

IMG_7629_R21-thumb-400x266-38824.jpg

インプラント埋入ホールの形成を終えましたら、スイスのストローマン社製 BLT Roxolid インプラントを埋入します。

 

IMG_7630_R21-thumb-400x266-38827.jpg
手前側にはφ4.1㎜ 長さ10㎜を埋入します。

 

IMG_7632_R21-thumb-400x268-38830.jpg

まずは第一大臼歯部分への埋入を終えました。

 

IMG_7636_R21-thumb-400x266-38833.jpg

奥側にはφ4.1㎜ 長さ8㎜を埋入します。

 

IMG_7639_R21-thumb-400x286-38836.jpg

第二大臼歯部分へも埋入を終えました。

充分な埋入トルクが出ましたので挿入用ジグが折れています。

 

IMG_7644_R21-thumb-400x272-38839.jpg

無事にインプラントの埋入を終えました。

 

IMG_7646_R21-thumb-400x268-38842.jpg

インプラント本体(フィクスチャー)のネジ穴を封鎖スクリューで封鎖します。

 

IMG_7647_R21-thumb-400x270-38845.jpg

封鎖スクリューを締結しました。

 

IMG_7650_R21-thumb-400x280-38851.jpg

縫合を終えました。メタルタトゥーも無くなってすっきりしました。

約1週間後に抜糸します。

約6週間後に仮歯で咬めるようになります。

 

2016.03.26 03_R21-thumb-400x306-38854.jpg

本日のインプラントオペ終了時のレントゲン写真です。

 

T・Aさん、オペお疲れ様でした。

「思っていたよりつらくなかったです。」

そう思って頂けますと私もうれしいです!

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

インプラント治療に取り組む広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop