お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

右上に2本のインプラントオペを行いました。2015.12.17

2015.12.17 オペ用_R83-thumb-400x384-36899.jpg

オフィス内の歯科用CTで撮影したデータです。

右上第二小臼歯と第一大臼歯の部分に2本のインプラントの埋入を計画します。

骨の厚みは6㎜程度ですので、ソケットリフトを行い、上顎洞底を拳上して長さ8㎜のインプラントを埋入します。

 

IMG_2268_R83-thumb-400x266-36902.jpg

いつものようにフェイスボウトランスファーを行い、顎関節と上顎歯列の位置決めをします。

 

IMG_2636_R83-thumb-400x266-36905.jpg

KaVoプロターevo7咬合器に上下顎の模型をマウントしました。

 

IMG_2640_R83-thumb-400x266-36908.jpg

CTデータと重ね合わせて、埋入ポジションを決定します。

 

IMG_2641_R83-thumb-400x266-36911.jpg

サージカルステント(ドリルガイド)を作成してオペに臨みます。

 

 

さて、いよいよ本日の午後、インプラントオペの開始です。

IMG_2745_R83-thumb-400x274-36914.jpg

まずはサージカルステントの適合を確認します。

 

IMG_2749_R83-thumb-400x266-36917.jpg

実際の右上臼歯部です。

第二小臼歯部分は抜歯後にサイトプラストによるソケットプリザベーションを行っています。

写真左端の第二大臼歯はメタルボンドですので今後除去して治療します。

 

IMG_2750_R83-thumb-400x266-36920.jpg

ステントを用いてドリリングし、スターティングポイントをマーキングしました。

 

IMG_2753_R83-thumb-400x266-36923.jpg

まずは安全な深度までドリリングし深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影します。

 

2015.12.17 1_R83-thumb-400x307-36926.jpg

撮影したレントゲン写真です。

予定通りの角度ですので、ドリルステップを進めます。

 

IMG_2756_R83-thumb-400x266-36929.jpg

手前を基準に奥を、奥を基準に手前を、とドリルサイズを拡大していきます。

すでにオステオトームとマレットで槌打して上顎洞底を拳上しています。

 

IMG_2758_R83-thumb-400x266-36932.jpg

最終段階の一歩手前で粘膜を剥離して実際の骨の状態を確認します。

第二小臼歯部分のソケットプリザーベーションが奏功しています。

CTデータより粘膜を剥離する前から骨の状態がある程度分かっていることが大きなアドバンテージです。

 

IMG_2761_R83-thumb-400x266-36935.jpg

スイス ストローマン社のボーンレベル テーパード インプラントを用います。

 

IMG_2762_R83-thumb-400x266-36938.jpg

手前側(第二小臼歯)にはφ4.1㎜、長さ8㎜を埋入します。

 
IMG_2765_R83-thumb-400x266-36941.jpg

奥側(第一大臼歯)にはφ4.8㎜、長さ8㎜を埋入します。

 

IMG_2768_R83-thumb-400x266-36944.jpg

無事に埋入を終えました。

 

IMG_2767_R83-thumb-400x266-36947.jpg

 

IMG_2770_R83-thumb-400x266-36950.jpg

青い色の挿入ジグを外しました。

現行の挿入ジグはネジではなく、フリクションフィットになって引っ張るだけで取れる様に進化しています。

 

IMG_2772_R83-thumb-400x266-36953.jpg

封鎖創にして2回法としますので封鎖スクリューを用意します。

 

IMG_2773_R83-thumb-400x266-36956.jpg

封鎖スクリューでインプラントフィクスチャーのスクリューホールを封鎖しました。

 

IMG_2774_R83-thumb-400x266-36959.jpg

ナイロンの縫合糸で縫合してインプラントオペの終了です。

約1週間後に抜糸し、埋入トルクは十分でしたので約6週後から咬んでいただく予定です。

 

2015.12.17 2_R833-thumb-400x306-36965.jpg

インプラントオペ終了時のレントゲン写真です。

上顎洞底が持ち上がっていることがうっすらと判ります。

 

M・Hさん、年内に無事インプラントオペを乗り越えられました!

いつも興味深いお話をお聞き出来てとてもありがたく思っています。

来年は咬める年になりますので私も楽しみにしています。

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

難易度の高いインプラントオペも行う広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop