お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

左下第一大臼歯部分にフラップレス インプラント埋入オペを行いました。2018.06.20

左下第一大臼歯(左下6)にインプラントの埋入オペを行います。

事前に歯科用CTにて撮影し、シミュレーションを行います。

下顎臼歯部のインプラントオペに関しては、下歯槽神経管(画像中のオレンジのライン)を傷つけてはなりません。

CTシミュレーションは欠かせないと私は考えています。

 

印象採得(型取り)とフェイスボウトランスファーを行います。

 

半調節性咬合器であるKaVo プロターevo7咬合器に上下歯列模型をフェイスボウトランスファーの記録を利用してマウントします。

弊オフィスではあらゆる歯科技工作業において超硬石膏のみを使用しています。

 

左側上下臼歯の対咬関係です。

 

CTデータと重ねあわせてインプラントの稙立方向を決定します。

 

ドリルをガイドするサージカルステント(ドリルガイド・ドリルスリーブ)を製作し、事前の準備の完了です。

すべての作業を術者である私が行うことで、脳内イメージを作ります。

コンピュータガイドも優れていますが、実際のオペでは現物合わせの要素が必ずありますので

私は自身でガイドを作成しています。

 

いよいよ本日、オペに臨みます。

まずはサージカルステントの適合を確認します。

 

修正可能かつ安全な深度までパイロットドリルでドリリングし、デプスゲージ(深度ゲージ)を挿入してレントゲンを撮影します。

 

咬合面観

 

頬側面観

 

深度ゲージを挿入して撮影したデンタルX線写真です。

イメージ通りの方向にドリリング出来ていますので、このまま深さとドリルサイズを拡大していきます。

歯肉の厚みも計測できます。

 

最終ドリルステップまでドリリングを終えました。

 

インプラントはスイスのストローマン社の物を用います。

 

BLT φ4.8㎜ 長さ8㎜ ボーンレベルテーパードインプラント Roxolid SLActive

 

インプラントフィクスチャーのフラップレス埋入を終えました。

 

埋入用のブルーの挿入ジグを外しました。

 

インプラントフィクスチャー上面のスクリューホールを封鎖スクリューで封鎖します。

 

封鎖スクリューで封鎖しました。

 

頬側面観です。歯肉の厚み分深い部分に位置しています。

フラップレス埋入オペ(歯肉を切開・剥離・縫合しない埋入オペ)ですと

術後の出血がほとんどありません。

 

オペ終了時のレントゲン写真です。

 

※このケースでは術前の検査およびインプラントオペ、今後の完成を含めて約40万円です。

※インプラント埋入後最低でも6週間治癒期間を設けています。

 

I・Kさん、インプラントオペおつかれさまでした。

咬める日が楽しみですね。

 

広島市の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop