お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

左下第一大臼歯のインプラントオペ

※外科処置の写真が含まれますのでご注意ください。

本日の午前中はインプラントオペをします。

 

CT_20130227182832_Image001R7-thumb-400x400-12496.jpg

まずは事前に準備をします。

オフィス内の歯科用CT ファインキューブで撮影しシミュレーションします。

オレンジのラインは下歯槽神経管ですので損傷してはなりません。

親知らずは今後抜歯する必要があります。

 

IMG_2824R7-thumb-400x266-12499.jpg

KaVoアルクスフェイスボウでフェイスボウトランスファーします。

 

IMG_2956R7-thumb-400x266-12502.jpg

KaVoプロターevo7咬合器にマウントしました。

 

IMG_2959R7-thumb-400x266-12505.jpg

インプラント埋入ポイントです。

決して「インプラントを打つ」という表現を用いていはいけません。

 

IMG_2961R7-thumb-400x266-12508.jpg

インプラントの大きさのガイドをあてがってポジションを決めます。

 

IMG_2963R7-thumb-400x266-12511.jpg

埋入予定ポイントに金属棒を立ててイメージを作ります。

CTデータと重ね合わせて角度を微調整します。

 

IMG_2964R7-thumb-400x266-12514.jpg

金属棒の角度が決まりましたら

埋入ポジションをマーキングするためのステントを作製します。

準備作業のすべてを私が行います。

—————————————————————-

 

IMG_3089R7-thumb-400x266-12517.jpg

ここからが本日です。

表面麻酔+下顎孔伝達麻酔のあと歯肉にも浸潤麻酔をします。

 

IMG_3090R7-thumb-400x266-12520.jpg

ステントの適合を確認し、安全な領域までドリリングします。

 

IMG_3092R7-thumb-400x266-12526.jpg

深度ゲージで方向を確認します。

 

IMG_3091R7-thumb-400x266-12523.jpg

深度ゲージを挿入したままレントゲンを撮ります。

 

2013.02.27 1R7-thumb-400x306-12529.jpg

レントゲンです。この投影における角度は予定通りです。

 

IMG_3096R7-thumb-400x266-12532.jpg

ここまで来ましたら歯肉を切開します。

切開線は角化歯肉の頬舌側中央あたりとし

今回はスターティングポイントよりも舌側に設定します。

 

IMG_3097R7-thumb-400x266-12535.jpg

骨を確認します。抜歯後の吸収がCTどおり頬側に見られます。

 

IMG_3098R7-thumb-400x266-12538.jpg

角度と深度に気をつけながらドリルサイズをアップしていきます。

 

IMG_3099R7-thumb-400x266-12541.jpg

ドリリングを終えました。

 

IMG_3109R7-thumb-400x266-12544.jpg

インプラントはねじ状になっていますので

あらかじめタップを切ってネジの溝を作ります。

 

IMG_3106R7-thumb-400x266-12547.jpg

インプラントはスイスのストローマンインプラントです。

 

IMG_3107R7-thumb-400x266-12550.jpg

ボーンレベルインプラント Φ4.8 10mm です。

 

IMG_3110R7-thumb-400x266-12553.jpg

インプラントの埋入を終えました。

トルクレンチで埋入トルクを確認します。

 

IMG_3115R7-thumb-400x266-12556.jpg

予定ポイントに埋入できました。

 

IMG_3117R7-thumb-400x266-12559.jpg

挿入ジグを外しました。

インプラントフィクスチャーの上部が見えています。

 

IMG_3118R7-thumb-400x266-12562.jpg

封鎖スクリュー高さ0.5mmでインプラントを封鎖・保護します。

 

IMG_3119R7-thumb-400x266-12565.jpg

封鎖を終えました。

 

IMG_3121R7-thumb-400x266-12568.jpg

頬側の骨の吸収部分には周囲の骨にデコルチケーションした際に出る

骨切削片を貯めて簡易的なGBRをします。

 

IMG_3124R7-thumb-400x266-12571.jpg

縫合しました。(GC ソフトレッチ4-0)

骨膜減張切開して伸展性を高めています。

 

201302.27 2R7-thumb-400x306-12574.jpg

オペ後のレントゲン写真です。

無事埋入を終え安心しました。

今日のインプラントは

埋入トルクが15Ncm以下でしたので治癒期間を3ヶ月間設け

その後、上部構造を締結して咬めるようになります。

—————————————————————-

インプラントオペに限らず歯科治療は一生を左右するものです。

極限まで集中して満足できる状態に仕上げることこそが

弊オフィスの患者さんの期待に応えることだと考えています。

 

I・Rさん、懸案だったこの部分にもインプラントを埋入することができました。

人生に無駄なことはなにもないと実感します。

巡り会えたご縁に感謝しています。

 

もしよろしければ

人気ブログランキングに投票する をクリックお願いいたします。

 

広島 三好デンタルオフィス

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop