お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

右上第一大臼歯部分にソケットリフトを行いインプラントを埋入しました。2019.03.29

東広島市西条町からお越しのS・Mさんの右上第一大臼歯部分にインプラントの埋入を計画します。

過去にサイナスリフトを行っている部分です。

 

いつものように上下顎の歯列を印象採得(型取り)し、フェイスボウトランスファーを行い上顎歯列と顎関節の位置関係を記録します。

 

KaVo プロターevo7咬合器に上下の歯列模型をマウントしました。

上顎歯列の位置はフェイスボウトランスファーしたものを利用してマウントしています。

 

右上第一大臼歯部分にインプラント治療を行います。

 

私自身が埋入位置をシミュレーションし、模型上でイメージを作ります。

 

サージカルステント(ドリルガイド)を製作し、インプラント埋入オペの事前準備は完了です。

 

いよいよ本日インプラント埋入オペを行います。

まずは局所麻酔を行い、サージカルステントの適合を確認します。

 

サージカルステントを利用して、パイロットドリルでドリリングし、深度ゲージを挿入しました。

この状態でレントゲン撮影し、確認します。

 

撮影したデンタルレントゲン写真です。

ここからはオステオトームによるソケットリフトを行います。

 

オステオトームとは上顎洞底を挙上するための棒状の器具で槌打して用います。

以前にサイナスリフトを行っている部分をさらに挙上する目的で用います。

 

オステオトームのサイズを拡大していき、インプラント埋入の為のホールの形成を終えました。

 

インプラント床(植えるための竪穴)の形成が終わった状態の咬合面観です。

 

インプラントはいつものようにスイスのストローマン社製のインプラントを用います。

 

BLT Roxolid φ4.8㎜ 長さ8㎜ です。

 

無事に埋入を終えました。

粘膜剥離を行わないフラップレス埋入オペですのでインプラントの埋入によって止血も完了します。

 

ブルーの挿入ジグを外しました。

インプラントフィクスチャーのスクリューホールが見えています。

 

 

この段階でレントゲンで確認しました。

上顎洞底の挙上はテント状に想定通りにできており、埋入深度も予定通りで安心します。

  

粘膜の形態を形成するためのヒーリングキャップを締結します。

 

 

頬側面観です。

円錐形のヒーリングキャップを締結することで、すり鉢状の歯肉の形体が得られます。

 

 

最終段階でのレントゲン写真です。

 

S・Mさん、怖かったと思いますがよく頑張られました。

この部分で噛める日が来るのが楽しみですね。

 

※インプラント診断 10800円/1ケース

インプラント埋入から完成(ジルコニアカスタムアバットメント+セラミッククラウン)まで 378,000円/本 (奥歯の標準難易度の場合)

その他、キャップ交換、スキャニングなど合計約10,000円程度の諸費用が掛かります。

よって完成まで実際には約40万円/本かかります。(難易度によって異なります) 

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop