お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

左上下大臼歯部分に4本のインプラント埋入オペを行いました。2019.04.12

 

左上下大臼歯部分に合計4本のインプラント埋入オペを計画します。

オフィス内の歯科用CTで撮影しシミュレーションします。

 

上下歯列の型取りとフェイスボウトランスファーを行います。

 

上下歯列模型をフェイスボウトランスファーの記録を用いて咬合器にマウントします。

 

左上下の第一大臼歯・第二大臼歯部分にインプラントを埋入します。

 

サージカルステント(ドリルガイド)を製作し、事前の準備は完了です。

すべての作業を私が行うことでオペのイメージを作り、不測の事態に備えます。

 

いよいよ本日、埋入オペを行います。

上顎からスタートです。

ドリルガイドを用いて細いパイロットドリルでドリリングし、深度ゲージを挿入してレントゲンで確認します。

 

深度ゲージを挿入した状態でのレントゲン写真です。

骨の厚みは約7㎜ですのでソケットリフトを併用して上顎洞底を挙上し8㎜のインプラントを埋入します。

 

インプラントはスイスのストローマンインプラントを用います。

BLT Roxolid ® φ4.8㎜ 長さ8㎜

ソケットリフトを行い、インプラントの埋入を終えました。(頬側面観)

同じく咬合面観です。

十分な埋入トルクを得ることが出来ましたので高さ0.5㎜封鎖スクリューではなく

高さ5㎜のヒーリングキャップを締結して終了です。

 

ヒーリングキャップを締結して粘膜を切開しないフラップレス埋入オペ終了です。

 

埋入後のレントゲン写真です。

続いて左下のオペを行います。

 

上顎の時と同じく、パイロットドリルでドリリングし、深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影し確認します。

左下第一大臼歯部分の骨質は緻密で硬く、高さも高いため、粘膜剥離を行い骨頂のフラットニングを行います。

 

フラットニングを行い、インプラントの埋入を終えました。(咬合面観)

 

        

上顎同様、埋入トルクは十分に得られましたのでヒーリングキャップを締結し、

吸収性の縫合糸で縫合して埋入オペの終了です。

 

終了時のレントゲン写真です。

 

M・Sさん、右側に続いて左側もオペお疲れさまでした。

月日が経つのを待つばかりですね。

 

※インプラント診断 10800円/1ケース

インプラント埋入から完成(ジルコニアカスタムアバットメント+セラミッククラウン)まで 378,000円/本 (奥歯の標準難易度の場合)

その他、キャップ交換、スキャニングなど合計約10,000円程度の諸費用が掛かります。

よって完成まで実際には約40万円/本かかります。(難易度によって異なります)  

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop