お問い合わせはこちらから

インプラント症例・ブログ

和田精密歯研さんのインプラント治療のセミナーに参加しました。

本日の午後8時より安芸郡府中町の和田精密歯研さんの広島事業所

開催された

CAD/CAMサージカルガイド・インプラントシミュレーションソフト説明会に

参加しました。

 

IMG_6127_R-thumb-400x299-3163.jpg

※写真は許可を得て撮影しています。

インプラントを植える場合にコンピューターでシミュレーションして

ドリルを誘導する装置を患者さんごとに作製して正確に穴を形成するシステムです。

 

IMG_6130_R-thumb-400x300-3166.jpg

純国産のシミュレーションソフト BioNa(ビオナ)の画面です。

とても合理化されています。

参加者に一台ずつのパソコンが準備されていました。

画面は右下第二大臼歯の部分にストローマンインプラントを植える場合です。

 

IMG_6131_R-thumb-400x300-3169.jpg

デモのCTデータは弊オフィスと同じヨシダ ファインキューブで撮影されたものです。

ここまでシミュレーションしたあとにはドリルのガイド(誘導装置)を準備します。

 

IMG_6132_R-thumb-400x300-3172.jpg

これは拡大模型ですので実際の歯・顎よりも大きくなっています。

金属の穴(サージカルガイド)にドリルを入れると予定した方向に導かれます。

 

IMG_6136_R-thumb-400x300-3175.jpg

予定した部分・方向に穴を形成することができました。(拡大模型です)

 

IMG_6137_R-thumb-400x300-3178.jpg

上から見た写真です。

分かりにくいのですが骨の頂点にも形成が可能です。

実際にはこのあと平坦化してからインプラントを植えます。

 

もちろんこの種のシステムが無くても上手に植えることは出来ます。

問題はどのシステムを導入するかが最も悩むところです。

今後も検討していきます。

 

 

広島 インプラント セラミック 審美 CT 顕微鏡 歯科 三好デンタルオフィス

 

インプラント症例・ブログImplant Case & Blog※ランダム表示

pagetop